本当にご無沙汰してます。昨年末の入籍以来、2月に新居への引越し、5月連休に両家の家族への顔合わせと日々飛ぶように時間が過ぎ、御礼が遅くなってしまいました。申し訳ないです。

入籍から半年、お陰様で毎日妻と笑いながら、楽しい生活を送っています。平凡で特筆すべきではないようなこと、朝起きると妻が準備してくれた食事ができていること、週末に一緒に近所のスーパーに買い物に行くこと、仕事が終わってビールを飲みながら妻の作る夕食を食べること、が、一生独りで生きて行くことも覚悟したこともある自分にとっては本当に幸せに感じます。

これも、小田上さんが親身になって(時には尻をたたいて笑)自分の結婚をサポートしてくれたからだと思ってます。

コンカツでは、細かい条件には拘らず、お会いして自然に会話が弾む方を探せば、100人も会えば決まるだろう、と思っていました。幸い100回お見合いすることもなかった訳ですが、100回お見合いしたとしても、小田上さんが1番の応援団として付き添ってくれて、心が折れることなく活動できたと思います。結婚相談所を選ぶ上では、それが一番大切なんじゃないかな。叱咤激励し、軌道が逸れそうになったら修正し、ゴールまで諦めずに一緒に前に進み続ける伴走者のようなカウンセラーかいるかどうか。

コンカツでのゴールは、新たな結婚生活でのスタート。今度は妻と共に一歩づつ着実に進んで行こうと思います。本当にありがとうございました。これからもたくさんのカップル誕生に頑張って下さい。